Scroll

HERO PARKより発行されるHPトークンの将来性やセール日程について徹底解説します。

HPトークンとは?

HPトークンは、HERO PARKプロジェクトで生み出されるトークンです。

HERO PARKでは、GameFiの仕組みを利用し、プレイすることでお金を稼げるNFTゲームの開発を計画しています。

こちらの画像のページから、10月27日の21時から申し込みができますので、ブックマークしておいてください。

HPトークンのお申し込みページ

10月27日21:00〜こちらのページでプレセール開始!(ブックマーク必須)

HPトークンの買い方

HeroPark公式youtubeにトークン購入方法の詳細動画が公開されましたので、取り急ぎご連絡させて頂きました。

ETH、USDTでの購入方法動画
https://www.youtube.com/watch?v=yc7l-6qep-E

BNBでの購入方法動画
https://www.youtube.com/watch?v=yezLhhxGAS8

21時になりましたらこちらのURLから購入ページにアクセスし、メタマスクをCONNECT後、購入希望数量を入力し購入する流れになります。

HPトークンのプライベートセールに参加すると、確実に大きな利益を得ることができますが、いったいなぜ言いきれるほどに将来が有望なのでしょうか?

この記事では、以下の構成でHPトークンの可能性について解説します。

この記事の概要
  1. HPトークンとは?
  2. HPトークンの特徴や莫大な利益が得られる理由10選
  3. HERO PARK、HPトークンの基本解説
  4. Hero Crushについての説明
  5. HPトークンのセール日程や上場先の予定
  6. まとめ

ここ数年、ブロックチェーン技術を使ったゲームが流行り、関連する通貨も値上がりしています。

これから仮想通貨で爆発的な利益を出し、資産を築きたい方にとっては、必見の内容になっています。

ぜひ最後までご覧ください。

HERO PARK TOKEN ヒーローパークトークン 情報局ライン

 

Hero Parkトークン公式LINE登録

Hero Parkトークンオープンチャット

Hero ParkトークンTwitter

Hero Parkトークンテレグラム

HPトークンの特徴と稼げる理由10選

HPトークンは爆発的に価格が上昇する可能性があり、以下のような将来性が期待できます。

HPトークンの期待できる将来性
  1. Axie Infinityの問題点を克服した「Hero Crush」のリリース
  2. ゲームローンチ前に、トークン数量をノーリスクで増やせる
  3. NFTマーケットプレイスで外部の開発者が作ったNFTを販売できる。
  4. ゲーム内通貨HBT(ヒーローバウンティトークン)にも価値がある
  5. プレセール後のカード入りの箱の購入にHPトークンが必要
  6. ゲーム内でHPトークンを利用する必要がある
  7. すでに取引所への上場が決定している
  8. ゲーム外でのデフレシステム
  9. ゲーム内のデフレシステム
  10. HPトークン、HBTトークンがバーンされる仕組み
  11. 資金の使い道が公開されている

このように多岐に渡るHPトークンの特徴や可能性について、解説していきます。

Axie Infinityの問題点を克服した「Hero Crush」のリリース

なんと言っても、革新的なNFTゲーム「Hero Crush」がリリースされることが、HERO PARKの最大の特徴と言えます。

現在、NFTゲームであるAxie Infinityが、「プレイすることでお金を稼げるゲーム」ということで注目を浴びています。

2018年にリリースされ現在も人気のゲームですが、NFTゲームそのものの歴史が浅いこともあり、やはり問題も存在します。

HERO PARKが注目した、Axie Infinityの問題点は以下のような点です。

1.お金の力で強くなれる

  • 結局課金できる人が強い。
  • 初心者のお金持ちプレイヤーがベテランプレイヤーに買ってしまう。
  • また、ゲームの参加にも安いとは言えないお金がかかる

2.強化されたキャラクターにのみ価値がある

  • 過剰に成長したキャラクターのみに価値があり、弱いキャラに価値が無い状態が固定化されてしまう。
3.プレイヤーレベルの欠如
  • 一部のゲームでは近いプレイヤーレベルの人同士をマッチングし、楽しめるようにしている。
  • Axieにはそれが無い

こういった問題を自分たちの手で改善しようと、Hero Parkは本格始動しました。

「Hero Crush」は、NFTゲームのプレイヤーの不満を解決できる画期的な内容になりそうです。

これは現在のAxie Infinityにとって代わる可能性があり、そうなれば必然的にHPトークンの知名度も大きく上昇し、それに伴いHPトークンの価値も飛躍的に向上するでしょう。

Axie Infinityの銘柄であるAxsは、2021年1月には「1Axs=50円」程度でしたが、2021年10月には「1Axs=17000円」程度に上昇しています。

この上昇率は実に340倍を誇りますが、NFTゲームにはこれだけの可能性があるのです。

Axsがこれだけの上昇を見せたのであれば、それを超えるであろうHPトークンには、恐ろしいほどの将来性があると言えるでしょう。

数年後には500倍~1000倍以上に大暴騰を見せたとしても、全く不思議ではありません。

HPトークン(ヒーローパークトークン)はゲームのローンチ前にトークン数量をノーリスクで増やせる

HPトークンは、ゲーム開始前に購入したトークンをプールすることで、数量を増やすことができます。

マイニング報酬の分配はプレセールの3か月後に、パンケーキスワップにトークンが上場し、販売開始されてからスタートします。

報酬金額は毎月5000万ドル分のHPトークンから始まります。

その後3か月後までは、月1000万ドルずつ増えていき、8000万ドル分のトークン/月になるまで増加。

そのあとは月8%の割合で報酬が減り、60か月後に終了します。

このように、トークンをプールすることで、毎月トークン枚数を大幅に増やせるのです。

パンケーキスワップ上場後、徐々にプール報酬は減少するので、初期にトークンを購入しプールするメリットは非常に大きいと言えるでしょう。

枚数を増やしておけば、HERO PARKプロジェクトが軌道に乗り、トークン価格が上昇したのちに一気に売り抜け、莫大な利益を狙うことも可能です。

NFTマーケットプレイスで外部の開発者が作ったNFTを販売できる。

HERO PARKでは、優秀な開発者に対し、NFTマーケットプレイスでアイテムを販売することが認められています

そのため、HEROPARK運営では無い外部の人間が作り出した、全く新しいキャラやアイテムが、ゲーム内に取り入れられることになります。

多くの人が欲しがるアイテムであれば、かなりの高値が付くことが予想され、技術者はHEROPARKを利用して大きく稼ぐことが出来るでしょう。

この仕組みにより、HERO PARKは、技術者たちの間でビジネスチャンスとして話題になることは容易に想像できます。

プレイヤーの間でも、ユニークなアイテムが次々に発売されるゲームとして、口コミが広がるでしょう。

このようにゲーム市場が盛り上がれば、NFTの購入に利用されるHPトークンの流動性は非常に大きくなります。

NFTの購入の際にHPトークンを支払いますが、その際に5%の手数料が発生し、半分はバーンされこの世から消滅します。

こういった仕組みの存在により、NFTマーケットプレイスが活性化すればするほど、HPトークンの量が減り価値が高まる仕掛けになっているのです。

ゲーム内通貨HBT(ヒーローバウンティトークン)にも価値がある

「Hero Crush」では、プレイヤーは報酬としてゲーム内通貨の「HBT(ヒーローバウンティトークン)」を得ることができます。

HBTはダンジョンクリアや、プレイヤー同士のバトルの勝利の際に、報酬として与えられます。

HBTは、ゲーム内でキャラクターやアイテムを有効化、キャラ同士を合体してパワーアップするのに利用可能です。

しかし、HBTはゲームの中だけで使える通貨ではありません。

HBTはパンケーキスワップでほかの通貨と売買でき、現実世界でも価値を持っているのです。

HBTはゲームをプレイで手に入るトークンではありますが、プライベートセール参加者はゲームカードの事前購入に参加することで、ゲーム開始前から入手することも可能です。

具体的なHBTトークンの入手方法は、この後に説明する「箱」を購入することですが、ほかにはHBTをゲーム開始前に入手する方法はなく、希少価値があると言っていいでしょう。

プレセール後のカード入りの箱の購入にHPトークンが必要

プライベートセール終了3か月後には、HPトークンで「箱」を購入できます。

「箱」の中身はHero Crushがリリースされた後にゲームで使える、ヒーローカードです。

箱は合計1050個販売され、ヒーローカードにはレア・レジェンド・希少の3種類になっていて、購入するまでは箱の中身は分かりません。

希少とレア、レジェンドの枚数や、それぞれのファーミング報酬は以下のようになっています。

表にある報酬というのは、ヒーローNFTをプールすることで得られるマイニング報酬です。

マイニング報酬としてはHBTトークンが支払われ、カードランクによって報酬が変化します。

箱を購入しプールすることは、ゲームローンチ前にHBTトークンを獲得する唯一の方法です。

ゲームプレイ以外で$HBTが手に入るチャンスはこれしかありません。

ゲームローンチ後にはHBTは間違いなく価格が上昇するでしょうから、前もってHBTを受け取れる「箱」の購入はかなり大きなチャンスと言えます。

GameFi開始とともにNFTマイニングは終了するため、それまでがマイニング報酬としてHBTが手に入る唯一の機会です。

HBトークンをプライベートセールで購入するだけでも爆益が期待できますが、それだけではなくマイニング報酬としてHBTトークンも手に入れることで、さらに利益を拡大できるでしょう。

HPトークンをゲーム内で利用する必要がある

ゲームのプレイには、HPトークンの利用が必要です。

まず、Hero crushに参加するには、最低一人ヒーローを購入する必要があります。

さらにゲーム中にはバトルパスの有効化や、ゲームキャラや軍隊カードの有効化にもHPトークンを使う必要があります。

そのため、プレイヤーが増えれば増えるほど、必然的にHPトークンが購入される量は増えていきます。

結果として、HPトークンの需要は必然的に大きくなり、価値が高まっていくのです。

そもそも、NFTゲームの市場は非常に大きく、トップNFTゲーム市場で取引量は今や1日8億ドル(≒800億円)以上に昇ります。

トップNFTであるAXSトークンは、時価総額が8000億円を超えています。

これだけの市場規模を持つNFTゲーム業界の中で、将来的にHero Crushの人気が高まれば、いかにHPトークンの価格が高騰するかは容易に想像できます。

プライベートセールで購入した1万円分のトークンが、将来的に1億円以上の価値になるような大暴騰もあり得るかもしれません。

すでに取引所への上場が決定している

HPトークンは、すでにパンケーキスワップに上場することが決定しています。

セール価格・取引所上場価格は、以下のように設定されています。

セール価格・取引所上場価格について
  • プライベートセール価格 「1HP=$0.02」
  • プレセール価格 「1HP=$0.025」
  • 取引所上場価格 「1HP=$0.03」

見ていただければわかるように、取引所上場価格がセール価格よりも高く設定されているため、セールでHPトークンを購入した人が、損をしないように設定されています。

さらに上場先がパンケーキスワップなので、流動性が確保しやすく売買も成立しやすいです。

プレセールで新しいトークンを購入する際に感じる最大のリスクは、購入したトークンが売却できず現金化できないことだと言えます。

その点、HPトークンはすでに取引所への上場が決定しているため、安全性を担保していると言えるでしょう。

HERO PARK TOKEN ヒーローパークトークン 情報局ライン

ゲーム内でのデフレメカニズム

ゲーム内でトークン利用が必須のため、流動性が担保される仕組みが存在することも、見逃せないポイントです。

ゲーム内では以下のような場面で、トークンを必ず利用しなければいけません。

ゲーム内でのトークンの利用場面
  • カードの有効化でのトークン利用
  • カードフュージョンでのトークン利用
  • バーチャル土地スロットの有効化
  • バトルパスの有効化

それぞれ簡単に解説します。

カードの有効化でのトークン利用

ゲーム中に獲得したカードはそのままでは利用できず、$HPトークンや$HBTトークンで有効化する必要があります。

カードフュージョンでのトークン利用

同じグレード同士のカードを融合することで、カードはレベルアップします。

この融合には$HBTトークンを利用する必要があります。

さらにこの時に使われたトークンはバーンされます。

バーチャル土地スロットの有効化

軍隊を配置するためのゲーム所の土地を利用する際に、$HBTトークンを支払う必要があります。

このとき使われた$HBTはバーンされます。

バトルパスの有効化には、$HPトークンが必要です。

ダンジョンなどのミッションをクリアした後には、バトルパスからレジェンドNFTが報酬として付与されます。

レジェンドNFTは、ゲーム内での利用価値が高かったり、市場での取引価格が高かったりする可能性があります。

このように、ゲーム内で必ず通貨を使わなければならないタイミングがあり、トークンが購入され流動性も担保される仕組みになっています。

ゲーム外でのデフレメカニズム

ゲームの外でも、トークンが必ず利用され供給量が減少する仕組みになっています。

具体的には以下のようなケースです。

ゲーム外でのトークンの利用場面
  • トークン購入の際
  • NFT市場での取引
  • カード購入費用
  • ブロック報酬

HPトークン購入の際に税がかかる

トークンの売買の際には、取引税10%を支払う必要があります。

そのうち、半分は別途プールで再分配され、半分はバーンされ消滅します。

NFT市場での取引費用

NFT市場で行われるあらゆる取引に5%の手数料がかかります。

2.5%分のHPトークンはバーンされ、2.5%はHBTトークンを買い戻すことで実質バーンされます。

カード購入費用

ゲーム開始前にヒーローカードの販売が行われ、その収益分のHPトークンがバーンされる。

ブロック報酬

トークンの売買の際には、取引税10%を支払う必要があります。

そのうち、半分は別途プールで再分配され、半分はバーンされ消滅します。

こういった仕掛けがゲームの外でも存在しており、ゲーム開始後に確実にHPトークン、HBTトークンの流動性がアップし、トークンの貴重価値が上昇します。

HPトークン、HBTトークンがバーンされる仕組み

すでに説明した特徴と内容が被る箇所もありますが、トークンがバーンされる仕組みは非常に大切なポイントなので、深掘りして説明します。

HERO PARKプロジェクトでは、ゲーム内外の様々な場面で、HPトークンやHBTトークンが焼却(バーン)される仕組みが備わっています。

以下が一例として以下のようなケースがあります。

NTTマーケットプレイスの手数料

NFTマーケットプレイスでカードが購入する際、5%の手数料が発生する。

このうち半分は$HBTトークンを買い戻す形でバーン。

残り半分は完全に焼却。

カードの融合に使われるトークン

ゲーム内でカードの融合に必ずHBTトークンが必要。

このHBTトークンは全てバーンされる。

  • ゲーム内の土地スロットの解放
  • ゲーム内の土地(バーチャル土地スロット)の解放にHBTトークンが利用される。

回収されたトークンは全てバーン。

トークン購入の際の取引税

トークン売買の際には必ず取引税10%が発生する。

このうち半分はバーンされ、もう半分はマイニングプールに再分配される。

ゲームローンチ前のNFTカード購入代金

ゲームローンチ前にNFTヒーローカードが販売される。

この際に購入に使われた$HPは100%バーンされる。

このように様々な場面でトークンはバーンされ、そのたびに枚数が減っていきます。

そのため、ゲームが始まり盛んにプレイされればされるほど、トークンの数量が減少し希少性が増します。

$HPは発行枚数上限が決まっているため、バーンされればされるほど供給量が減り、必然的に価格が上昇する仕組みになっているのです。

資金の使い道が公開されている

資金の使い道が公開されている点も安心材料でしょう。

ゲーミングに35%、プライベートセールやプレセールで10%など、トークンの分配比率がホワイトペーパーで発表されています。

こういった部分が適当なプロジェクトも数多く存在する中、資金の使い道が透明化されているのは、好感が持てます。

マーケティングにも資金が振り分けられており、これから各種広告などにゲームを登場させ、顧客獲得を狙うことが想像できます。

ゲームユーザの獲得には広告宣伝が欠かせませんので、この部分にしっかりと予算を取っているのは、評価できる点でしょう。

また、流動性準備資金に5%を振り分けているのも、重要な点と言えます。

新規プロジェクトを行う際には、予期していなかった問題が発生する可能性は十分あり、その際に柔軟に使える資金を保管することは大切です。

こういった現実的な資金配分を見ると、今後HERO PARKプロジェクトを行っていくための、しっかりした計画を持っていることが分かります。

HERO PARKとHPトークンの基本解説

ここまでご説明した通り、HERO PARKは非常に将来有望なわけですが、そもそもどんなプロジェクトなのでしょうか?

そして、発行トークンであるHPトークンには、いったいどのような特徴があるのでしょうか?

こういった点を以下の順で説明していきます。

HERO PARK、HPトークンの概要
  1. HERO PARK のビジョン
  2. HERO PARK のミッション
  3. HPトークンについての解説

ここでは、HERO PARKのビジョンやミッション、HPトークンについて簡単に解説します。

HERO PARKのビジョン

HERO PARKは2018年8月に始動したプロジェクトです。

スタート当初、HERO PARKの目的は、現在世界的に人気のNFTゲーム「Axie infinity」を模倣したゲームを作ることでした。

Binanceチェーンを用いれば、Axieよりも参入コストの低い、似たようなゲームを開発可能と考えたからです。

しかし、開発段階でAxieをはじめとした既存のNFTゲームを研究するうちに、現在のNFTゲームには様々な問題があることに気が付きました。

そこで、HERO PARKでは、「Axie infinityの模倣」の枠を超えた、新たなNFTゲームを開発するプロジェクトに生まれ変わったのです。

具体的には、HEROPARKは以下のようなビジョンの達成を目的にしています。

HERO PARKのビジョン
  • お金があれば強くなれる、オンラインゲーム業界の環境是正
  • 一部のキャラが過剰に強くなる現象の解決
  • プレイヤーレベルシステムの導入

それぞれ簡単に解説致します。

お金があれば強くなれるNFTゲーム業界の環境是正

NFTゲームに限らず、オンラインゲームは結局お金がある人が最も強いという問題がありました。

たくさんプレイしているベテランプレイヤーが、お金を持っている初心者に一瞬で追い抜かれるケースが多く、「結局お金の力で決まる」という不満があったのです。

この環境を是正し、プレイ時間の長いプレイヤーが、その経験や知識を正当に活かせる環境の構築を目指しています。

一部のキャラが過剰に強くなる現象の解決

過剰に強化されたキャラクターやアイテムばかりの価値が上がり、それ以外の価値が落ちるという問題があります。

こうなってしまうと、ほかの弱いキャラクター・アイテムの価値が落ち、流動性が無くなってしまいます。

こうした状況の解決のために、適切なバランス調整メカニズムを用意し、あらゆるキャラが価値を持つゲーム環境を目指しています。

プレイヤーレベルシステムの導入

現在NFTゲーム内では、プレイヤーレベルシステムがほとんど存在しません。

そのため、プレイヤー同士の対戦で極端に実力の違う相手とマッチングし、ゲームが一方的になるケースが見られました。

こうなってしまうと、プレイヤーはゲームを楽しめません。

そこで、プレイヤーレベルシステムを導入することで、実力の近いプレイヤーどうしが、接戦を楽しめるようになります。

HERO PARK(ヒーローパーク)のミッション

HERO PARKプロジェクトでは、以下のような順序で仕組みを構築し、ユーザーに新たなゲーム体験を提供することをミッションにしています。

第1段階 – GameFiエコシステムの構築

まず、DeFi環境にGameFiエコシステムを構築します。

このエコシステムの中では、ベットやファーミングが可能になる仕組み、NFTを用意し、ゲームをプレイすることがお金を稼げるようになります。

この中では、独自通貨であるHPトークンが発行され、Hero Parkのネイティブトークンとして機能します。

このトークンは、NFTゲームで使われる様々なゲーム資産の購入に利用されるほか、将来的にホワイトリストに入る際の仮想通貨としても利用されます。

第2段階 – Hero Crushのローンチ

第1段階でGameFiエコシステムが構築できたら、いよいよHERO PARK最初のゲーム「Hero Crush」がリリースされます。

Hero Crushはヒーローカードを用意することでスタートでき、デイリークエストのクリアや、ミッションの達成により報酬がゲットできます。

このときに獲得できる報酬が、ヒーローバウンティトークン($HBT)です。

$HBTは、ゲーム内のカード獲得、土地解放、カードどうしの融合など、様々な場所で利用可能です。

また、$HBTはゲーム内の通貨というだけではなく、パンケーキスワップで売買でき、現実世界でのお金に代えることも可能です。

2021年10月9日現在、Axie infinityは、初期費用を4万円程度支払わないと参加できません。

それに引き換えHero Crushは圧倒的に安い費用で参加できることもあり、稼ぐチャンスを求めて多くのユーザーが流れ込んでくることは必須と言えます。

HERO PARK TOKEN (HPトークン)についての解説

次にHPトークンについての解説をします。

HERO PARKが発行するHPトークン($HP)は、いったいどのような特徴をもっているのでしょうか?

以下のような観点から解説させていただきます。

HPトークン($HP)の概要
  • HPトークン($HP)の特徴
  • HPトークン($HP)の分配比率について解説

HPトークンの特徴

HPトークンは、HERO PARKプロジェクトのGamiFiエコシステム内のメイン通貨です。

 

Binanceスマートチェーンで開発されているため、取引コストが安さや、送金スピードの速さが強みと言えます。

このことによりGameFi内での資金移動が迅速・低コストになり、HeroParkプロジェクトの成功につながると考えられます。

快適なゲーミング環境は、HPトークンの価値上昇を強力に後押しするでしょう。

HPトークンの分配比率について解説

HPトークンは、すでに分配比率が定められており、以下のようになっています。

このように資金が振り分けられています。

 

事業のメインになるゲーミングに35%の資金が振り分けられており、マーケティングやプール、ファーミングにもバランスよく振り分けられています。

 

事前の計画から外れた事態が発生した際にも対応できるよう、流動性準備資金としても、5%が振り分けられています。

 

非常に現実的な資金配分になっており、HEROPARKプロジェクトを成功させようとする、強い意識が感じられると言っていいでしょう。

Hero Crush(ヒーロークラッシュ)についての説明

HERO PARKが最初にリリースするNFTゲームのHero Crush(ヒーロークラッシュ)についても説明します。

Hero Crushの成功がHPトークンの将来に大きく影響することになるので、どのようなゲームなのかを理解しておくことは重要でしょう。

Hero Crush(ヒーロークラッシュ)の始め方

Hero Crushを始めるには、最初に一人のヒーローを購入する必要があります。

ヒーローストアで販売されるビギナーバンドルブックでスタート可能です。

プレイすることでお金を稼げる。

Hero Crushは、プレイすることでお金を稼ぐことができます。

プレイすると、報酬としてゲーム内通貨HBTをゲットでき、HBTは取引所で売買可能だからです。

ゲーム内には以下の4つのゲームセッションがあります。

4つのゲームセッション
  • Aiと対戦するダンジョン
  • P vs P(プレイヤー同士でのバトル)
  • 名誉ハンティング(vs ボス)
  • ワールドウォー

それぞれを簡単に解説します。

Aiと対戦するダンジョン

プレイヤーはダンジョンでゲームをスタートし、ダンジョンをクリアすることで、「軍隊カード」を入手できます。

軍隊カードはHPトークン・HBTトークンを利用するとアンロックされ、自軍の軍事力を増強可能です。

軍隊を設置するには、軍用地を用意する必要がありHBTトークンが必要です。

P vs P(プレイヤー同士でのバトル)

さらに、P vs P(プレイヤー同士の対戦)を行い、優勝トロフィーを集めるとレベルがアップします。

レベルが上がると、レア/レジェンドクラスの軍隊や、ヒーローカードをゲットになります。

ランキングトッププレイヤーは限定レジェンドNFTを獲得できます。

このNFTはゲーム内で利用すれば強いキャラとして活躍するでしょうし、マーケットで売れば儲けを出せるでしょう。

名誉ハンティング(vs ボス)

名誉ハンティングとは、いわゆるボス戦です。

鍛え上げたヒーロー・軍隊でボスと戦います。

勝利すると、HBTトークンや様々な限定カードを使用可能になります。

ワールドウォー

ワールドウォーはプレイヤー同士のチーム戦です。

参加すると、全てのプレイヤーが3つの国に分けられます。各国10VS10のグループで戦い、勝利グループはHBT報酬を獲得出来ます。

さらに、合計勝利回数が多い国は、最終プール報酬も獲得できます。

いずれでのプレイでも、プレイヤーはHBTトークンを獲得でき、さらなる報酬として限定レアカードを入手するチャンスもあります。

HBTトークンは取引所で現金化できるほか、限定カードはマーケットプレイスで販売可能です。

様々な方法で報酬を得られる仕掛けがなされています。

HPトークンのお申し込みページ

10月27日21:00〜こちらのページでプレセール開始!(ブックマーク必須)

NFTカード同士のフュージョンテンプル

ゲーム内では、NFTカードを融合してパワーアップさせることができます。

合成できるのは同じ属性レベルのNFTカードどうしで、HBTトークンが必須です。

 

このように様々なカードを融合することで、あらたなNFTカードを作り出すことが可能です。

 

具体的にどのようなカードを作成できるのかは現時点では不明ですが、おそらくフュージョンでしか生み出せないカードも存在するでしょう。

こういったカードの購入には$HPを用意することが必要になるため、$HPの需要は必然的に高まると考えられます。

バトルパス

バトルパスとはHPトークンやHBTトークンを使用して購入できるものです。

ゲーム内で多くのアイテムのアンロックが可能になります。

HPトークンのIGO日程や上場先の予定

プライベートセール・プレセール日程や、トークンの販売価格は以下のようになっています。

10/27にプライベートトークンセールが行われ、11/15に発売されることが決まっています。

 

プライベートセールでは1$HP=$0.02というオトクな金額で購入でき、リセール時には$0.025にまで価格が上がります。

 

リセールでも安く購入できますが、やはりプライベートセールに参加するのが最善です。

HPトークンは11/15に発売され、PancakeSwap(パンケーキスワップ)に上場することが決定しているため、「上場せず売却できない」という心配は一切不要でしょう。

また、トークンの上場価格が$0.03に設定されており、プライベートセール後にトークンをプールすることで枚数を増やせるため、上場直後にトークンを売るだけでも利益を出せる計算になります。

そのため、少なくともプライベートセール参加者が損失を被る確率は、相当に低いと断言できます。

もちろん、HPトークンの価値が大幅に上昇するのは「Hero Crush」のリリース後なので、上場後もホールドすることをオススメします。

ホールドし続け、Hero Crushが世の中で広くプレイされるようになれば、HPトークンの価格は確実に暴騰していくことでしょう。

ゆくゆくは、プライベートセールに参加した人から、多数の億り人が出ることが予想できます。

まとめ

HERO PARKは大人気NFTゲームの「Axie infinity」を超える、新しいゲームを提供するプロジェクトです。

既存のNFT問題でありがちな不満を解決した、革命的なNFTゲームである「Hero Crush」が提供される予定です。

どんな業界でも、既存のサービスの問題点を解決し、顧客の心を掴んだ企業が成功を掴んでいます。

HERO PARKは、次世代のNFTゲーム業界を担う存在になり、大成功を収めるでしょう。

ゲーム内外で、トークンの価値が上昇する様々な仕組みも構築されているため、HERO PARKが発行するHPトークンの可能性は計り知れません。

かなり将来が期待できるトークンなので、仮想通貨投資をお考えであれば、ぜひ投資を検討することをオススメします。

HPトークンのお申し込みページ

10月27日21:00〜こちらのページでプレセール開始!(ブックマーク必須)

 

Hero Parkトークン公式LINE登録

Hero Parkトークンオープンチャット

Hero ParkトークンTwitter

Hero Parkトークンテレグラム

HERO PARK TOKEN ヒーローパークトークン 情報局ライン